あなたに合うブラジャー選び

ブラ選び研究所

スポーツブラ ブラジャー

スポーツブラを普段使いにもおすすめできる理由とは?

更新日:




女性の皆様、スポーツブラと聞いて、何をイメージするでしょうか?

「デザインがダサい」「ホールド力が足りない」「胸が盛れない」

そう、いわば女子力からかけ離れたイメージを抱く方も多いのではないかと思います。

しかし、普段使いには、こんなにメリットがあるんです!

スポンサードリンク

スポーツブラの普段使いのメリット

ノンワイヤーで肩こり知らず

当方、昔はワイヤーでしっかり胸を固定していないと不安で仕方ないタイプでした。

中学生になったころから胸が発達し出始めると、部活中もなんだか揺れる胸ばかり見られているんじゃないかと恥ずかしい気持ちでいっぱい。だから、ブラジャーの肩紐をできるだけ短くして、上から強く吊り上げて生活する日々。

できるだけ揺れないように工夫するあまり、肩紐は食い込み、ワイヤー部分は赤く擦れ、快適なブラジャー生活からは程遠い毎日でした。胸の大きさを褒められることなんて、実生活ではなかなか頻度が高くありません。

むしろ大きすぎる胸が異性の話のネタになったりして、不快な思いをする女性だって多いんですよね。そんな私がスポーツタイプのブラジャーに目覚めたのは、ダンスを始めた大学生の頃でした。Tシャツをサラリと着るモデルさんのような格好よさに憧れて、何気なく購入。これがもう、なんと快適なことか!と驚かされました。

それまで肩凝り持ちだった私。ひどい時には肩甲骨のあたりがガチガチに固まり、肩こりからくる頭の神経痛にまで悩まされた私でしたが、スポーツタイプに変えてからは一般。肩紐部分のキツさからも、わきのつまりからも、アンダーバストのワイヤー擦れからも解放されました。

 

ムレにくくいつもサラサラ

夏場はもちろんのこと、これからの季節でも、重ね着の下は汗をかいているなんて良くあるお話です。外は寒くても建物に入ると暖房ガンガン。当然、肌に最も近い場所にある下着はそれだけ汗を吸収することになります。

しかし、巷に出回るブラジャーの多くは、決して汗をかく前提ではつくられていません。量販店の下着なんて、汗をかくと不快な張り付きを感じるのが現実です。見た目は可愛いけど、服の下は何か気持ち悪い…こんなふうに感じるケースも多いでしょう。こんな問題も、スポーツタイプのブラジャーであれば即解決してくれます。

吸水性、通気性に優れているのはもちろん、そもそも汗をかくシチュエーション用に設計されているだけあって、ベタつく肌にやけに擦れる感触からも解放されます。

デメリット

使用するにあたって最も感じるデメリットはズバリ「男ウケ」!

ジムやダンススタジオでサラッと着替えるときにはむしろ便利なのですが、気になる男性とのデートの際にはやっぱり着用をオススメできません。「いざベッドに入った女性がスポーツブラだった」なんて、男性からしてみれば興ざめ以外の何ものでもありません。

今日は何かあるかもしれない!と思う夜には、是非ワイヤー入りの、そして女性らしいデザインのブラジャーを着用して。いつもより下着に気合が入る日は、なぜか立ち姿にも色っぽさをまとえるのが女性の武器なのですから。

ブラ選び
no image
スポーツブラがきつい理由とは?

最近、ランニングなどのスポーツの人気が高まってますね。 それにともなってスポーツブラが気になっている方も多いと思います。 通常のブラジャーもままスポーツをしてしまうとクーパー靭帯が切れてしまい、バスト ...

胸を盛りたい日には適しません

例えばドレスを着ておめかしする夜。まさかスポーツブラを手にする女性はいないでしょう。

そう、スポーツブラには、多くの場合パットが装備されていません。もちろんトップ部分を守る柔らかなパットは入っていますが、「胸を大きく見せるため」のパットはそもそも必要とされていないアイテムなのです。

特別胸を綺麗に見せたい。もしくは背中の広く空いたドレスを着たい。こんな日にはやはり、いつものワイヤータイプがオススメ。スポーツブラはあくまで、あなた自身が快適に過ごすため、誰にも見られないところで縁の下の力持ちになってくれる存在と位置付けるのがベターです。

スポーツブラ
no image
スポーツブラで胸がつぶれて痛い?選び方が間違っている?

スポーツをするときにスポーツブラを着用する人が増えているようです。 しかし、正しくスポーツブラを身につけられていない方も見られます。 スポーツブラは胸を揺れないようにする役割があるのですが、ピッタリし ...

オススメのスポーツブラは?

私が最もおすすめするのは、ワコールのランニング用スポーツブラ。

お値段は6.000円程度と少々値が張りますが、やはりそれだけの価値あってのこの値段。スポーツブラによくあるゴム部分のチープさや、トップ部分が柔らかいことによる乳首の透けなども全く気になりません。ワコールのスポーツブラには、ヨガ用、フィットネス用と様々な用途に合わせたシリーズが展開されていますが、すべて試した結果私が最もホールド力を感じたのはこのランニング用。

もちろん、ダンスの時も、トレーニングのときも、そして冬場のおでかけにはセーターの下にも。日常のあらゆる動きに気持ちよくフィットしてくれるこのスポーツブラ。ブラジャーの煩わしさに辟易されている女性の方なら、一度、騙されたと思って試してみてください。綺麗な胸のシルエットだって、ワイヤー入りのブラジャーと遜色なく作ることができます。進化したスポーツブラの魅力にきっと気づかされることでしょう。

スポンサードリンク





 

おすすめ記事

no image 1

30代にもなると、だんだんと自分の体型の変化に悩みだす女性も少なくありません。その変化はバストにも顕著にあらわれ始めます。 ですから30代の女性にとってブラジャーは、とても重要なアイテムです。そしてこ ...

no image 2

痩せ型体型の悩み、それはバストのサイズですよね。 全体的に痩せているので寄せて上げる脂肪もなく、ブラジャーはスカスカ…という悲しい現実。 わたしも上半身痩せ型Aカップの20代ですが、バストアップするべ ...

-スポーツブラ, ブラジャー
-

Copyright© ブラ選び研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.