あなたに合うブラジャー選び

ブラ選び研究所

ブラジャー

乾燥機使ってもOK?乾かすのに最適なのは?

投稿日:




ブラジャーを洗った時に、早く乾かしたいと思うのは当然です。
そんな時には乾燥機。と、つい思ってしまいますよね。

でも、ブラジャーって乾燥機に入れても良いのでしょうか?

そこで、ブラジャーは乾燥機で乾かしても良いのか、ブラジャーを乾かす時の、最適な乾かし方はどういった方法があるのかをご紹介したいと思います。

ブラジャーは乾燥機に向かない

結論から先に言うと、ブラジャーは乾燥機には向きません。
なぜかと言うと、ブラジャーは他の衣類とは異なり、ワイヤーやホックが入っています。
乾燥機の中では、縦横無尽に動きます。

他の衣類と一緒に入れれば、他の衣類に引っ掛かって傷めてしまいますし、例えブラジャーだけを乾燥機に入れたとしても、ワイヤーやホックが変形して、型崩れを起こす場合があります。
では、ネットに入れて、ブラジャーを保護すれば良いのでは?と、思うかもしれませんが、それも最適とは言えません。
ネットの中に入れてあっても、やはりワイヤーやホックには何かしらの影響があります。

そして、ブラジャーの多くにはレースの飾りなどがついている場合があります。
乾燥機にかける事により、縮んでしまう可能性があります。
ブラジャーは乾燥機には向かないという事を、覚えておきましょう。

ブラジャーの間違った乾かし方

実はブラジャーの干し方が間違えている人というのは意外と多いのです。
自分では正しい干し方と思っているかもしれませんが、間違っているかもしれません。
では、どんな干し方が間違っているのでしょう。

1.肩紐をハンガーや洗濯バサミにかける

ブラジャーを洗った時に、どうしても上の部分を干したくなりますよね。
ですが、肩紐の部分をかけてしまうと、肩紐の部分が傷んでしまい、すぐに劣化してしまいます。
また、ホックの部分も同じです。
ホックの部分も、かける事により変形などが起きる可能性もありますので、絶対にしてはいけません。

2.パットを入れたまま干す

パットが一体化しているブラジャーは取り外しが出来ませんが、取り外し可能なブラジャーは、乾かす時には必ず取り外してから干しましょう。
なぜなら、ブラジャーとパットは素材そのものが違います。
パットは水を多く含むので乾きにくく、また、表面的には乾いても、内部はまだ濡れているという場合もあります。
乾かす時には、別々に干すと良いでしょう。

3.室内干し

ブラジャーを干す時には、出来れば室内が良いと思いますよね。
ですが、室内にブラジャーを干すと、乾きも悪く、生乾きになり、悪臭の原因になってしまいます。
ですが、どうしても室内でブラジャーを干したいという時には、浴室乾燥機がある浴室で干すのが最適です。

正しいブラジャーの乾かし方

ここで、正しいブラジャーの乾し方を紹介したいと思います。
正しいブラジャーの乾かし方は、干し方などをほんの少し工夫するだけで良いのです。

1.ブラジャーをハンガーや洗濯バサミにかける時

ハンガーにブラジャーをかけて乾かしたいと思う時には、まずはブラジャーを半分に二つ折にします。
そして、ハンガーにそのまま真ん中部分を渡すようにかけるだけです。
これでしたら、肩紐の部分が傷まないので、ブラジャーを長持ちさせる効果があります。
ここで、ハンガーなら何枚か1度に干せると思うかもしれませんが、あまり密集するとブラジャーが早く乾きません。
ハンガー1本に1枚としましょう。
そして、洗濯バサミにかける場合は、まずはブラジャーを逆さまにしましょう。
なぜかというと、ブラジャーのカップの下の方が、少し生地が硬めなのです。
この部分でしたら、洗濯バサミを使っても、生地を傷める事はありません。

2.直射日光はダメ!

ブラジャーを早く乾かすなら、直射日光が良いとつい思ってしまいますよね。
ですが、直射日光だとブラジャーの色褪せを招いてしまいます。
ブラジャーを干す時には、陰干しするのが最適です。
ブラジャーを早く乾かしたいと思った時には、風通しの良い日陰の場所に干すのがベストです。

ブラジャーを乾かす時には、最初に気を付けたいのは、型崩れがしない事と、ほんの少しの一工夫です。
例えば、干す前に、指でブラジャーの形を綺麗に整えておくというのも大切です。
ワイヤーが入っていたり、パットが一体化しているという場合は、形を先に整えておくと、乾いた後も、綺麗な形を保っています。

そして、なぜ正しい乾かし方が必要なのかというと、正しい乾かし方をする事で、ブラジャーはかなり長持ちします。
急いでいる時などには、なかなか難しいかもしれませんが、ブラジャーはとてもデリケートな素材です。

丁寧に扱い、出来るだけお気に入りのブラジャーを長く使えるようにしましょう。
特に、肩紐やホックの部分は、ほんの少しの事で変形してしまう可能性もあるので、扱う時には、細心の注意を払いましょう。
サラッと乾いたブラジャーに仕上げる事は、気持ちも良いですし、何よりもバストラインを美しく見せてくれます。




おすすめ記事

no image 1

30代にもなると、だんだんと自分の体型の変化に悩みだす女性も少なくありません。その変化はバストにも顕著にあらわれ始めます。 ですから30代の女性にとってブラジャーは、とても重要なアイテムです。そしてこ ...

no image 2

痩せ型体型の悩み、それはバストのサイズですよね。 全体的に痩せているので寄せて上げる脂肪もなく、ブラジャーはスカスカ…という悲しい現実。 わたしも上半身痩せ型Aカップの20代ですが、バストアップするべ ...

-ブラジャー

Copyright© ブラ選び研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.