あなたに合うブラジャー選び

ブラ選び研究所

ブラジャー

ブラジャーを手洗いした時の脱水方法とは?正しい乾かし方は?

投稿日:




ブラジャーは、毎日身に付けるもので、意外と皮脂や汚れがつきやすいんです。
でも、洗濯機に入れるとどうしても、生地が傷んでしまいます。

お気に入りのブラジャーは、あんまり洗濯すると傷むのが早いし、だからといって汚れたままのブラジャーはつけたくないですよね、
そこで、ブラジャーを手洗いするというのはどうでしょうか?
でも、ブラジャーはワイヤーも入っているし、脱水とか面倒そうと思うかもしれません。
ですが、ポイントさえ押さえれば、意外と簡単なんですよ。

ブラジャーを手洗いした時の脱水の仕方

乾燥機

乾燥機で脱水しようという場合は、注意が必要です。
ノンワイヤーのブラならまだしも、ワイヤーが入っているタイプのブラジャーは、本来なら乾燥機には向きません。
生地が傷んだり、型崩れを起こしたり、またはシワになってしまうので、出来れば避けたい方法です。

でも、どうしても急いでいる時には乾燥機を使いたいですよね。
そんな時には、乾燥機は短めにして、乾ききる前に乾燥機から出しましょう。

それから自然乾燥にすれば、ある程度脱水出来てますので、普段よりも時短で乾かす事が出来ます。
ですが、必ず避けなくてはならない素材のブラジャーがあります。

それは、ポリウレタンのブラジャーです。
伸縮性のある素材は、熱の影響を受けやすいので、乾燥機にかけると、それだけで伸縮性が損なわれるかもしれません。

手作業で脱水

手で脱水をする場合、間違えやすいのが、思いっきり絞るという行為です。
手で強く絞れば、確かに脱水は出来ますが、型崩れを起こしたり、シワになったり、レース等の飾りが崩れたりしますよは。
まずは洗濯を終えたら、吸収性の高いタオルなとで、ブラジャーを挟むようにして水気を取りましょう。

その時も、力を入れすぎてはいけません。
優しく、押し包むようにです。

この時に、手を離して水がボタボタッと垂れなかったら成功です。
完全に脱水するという事は、かなり難しいので、手で脱水をするという時には、とにかく何度もタオルで拭き取るのが良いでしょう。

スポンサードリンク

型崩れを起こさない為に

せっかく洗濯も脱水も、上手く出来ましたが、型崩れを起こしては元も子もありません。
そして、一番型崩れを起こしやすいのは、干す時です。

この時に、どうしても上の部分を干してしまいがちです。
特に肩紐の辺りをハンガーや洗濯ばさみで固定してしまいがちです。

ですが、この方法を行うと、肩紐の負担がかかり、伸びてしまったり、脆くなるので、注意が必要です。
一番理想的なのは、平置きにする事です。
そして、胸の辺りにタオルなどを
丸めて置いておく事です。

そうすれば、胸の辺りの形が崩れる事はありませんし、肩紐が傷む事もありません。

正しいブラジャーの洗い方・乾かし方

まずは洗い方です。
ブラジャーは、レース等の飾りがあったり、素材もとても柔らかい物を使っている事が多いため、手洗いが好ましいです。

1.まずは汚れを軽く拭き取る

洗濯をする前に、まずはブラジャーの表面、または内面の汚れを軽く拭き取る事から始めましょう。
清潔なタオルで先に軽く拭き取っておくだけでも洗濯に差が出ます。

2.たっぷりの水に浸ける

そして、ブラジャーを洗う時には、大きめの容器に洗剤を入れて、ブラジャーを浸けるように洗いましょう。
この時に使う洗剤は、綿や合成繊維の場合は、弱アルカリ性の洗剤を使い、シルクなどは中性洗剤を使用しましょう。

そして、柔軟剤を使うと、仕上がった後、ふんわり感が違います。
この時に、中のパットはあらかじめ外しておき、パットはパットで洗いましょう。

それから洗った方が、とてもスムーズに洗えますし、乾くのも早いです。
そして、洗う時には、優しく擦るように洗いましょう。

3.すすぎはしっかり

意外とすすぎが難しいのです。
細かな模様が入っている場合は、なかなか上手くすすげなく、乾いた時に色が変色してしまう場合もあります。

4.干す前にする事

干す前には、必ずブラジャーを軽く降って水分を飛ばしましょう。
そして、タオルで水分を拭き取り、ブラジャーは平らな所に置いて乾かしましょう。

乾かし方

平らな所に置いておいて、ある程度乾いたら、そこから本格的に干して乾かしましょう。
ある程度、乾いていたら、干しても傷む事もありません。

干す前に、まずはカップの部分を整えましょう。
中央に指を当てて、しっかり元の形に戻るように整えましょう。

そして、優しく全体を引っ張りシワを伸ばしましょう。
そして、直射日光が当たる場所は避けて、カップの下を上の方に向けて、洗濯ばさみでつまんで干しましょう。
なぜ直射日光を避けなくてはならないのかというと、素材によっては変色が起きてしまう事です。

ブラジャーは、いつも肌にぴったりとくっついているので、こまめに洗ってあげる事が大切です。
その時は、出来るだけ大切に扱って、長持ちさせるようにしましょう。
ほんの少しの工夫で、ブラジャーを長持ちさせられます。

スポンサードリンク




おすすめ記事

no image 1

30代にもなると、だんだんと自分の体型の変化に悩みだす女性も少なくありません。その変化はバストにも顕著にあらわれ始めます。 ですから30代の女性にとってブラジャーは、とても重要なアイテムです。そしてこ ...

no image 2

痩せ型体型の悩み、それはバストのサイズですよね。 全体的に痩せているので寄せて上げる脂肪もなく、ブラジャーはスカスカ…という悲しい現実。 わたしも上半身痩せ型Aカップの20代ですが、バストアップするべ ...

-ブラジャー
-,

Copyright© ブラ選び研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.