あなたに合うブラジャー選び

ブラ選び研究所

ブラジャー

大きいサイズのブラジャー長く愛用するコツは収納から!

投稿日:




 

おしゃれにも実用にも欠かせないアイテム、ブラジャー。レースがかわいい物や柄が素敵なもの、色が好みのもの…。

普段は見えないとはいえ、その日の気分によってブラジャーも選んだり、ここぞという時には特別なブラジャーを身に着けたりと、気分が上がるファッションアイテムとしても必須です。そんなブラジャーの収納、みなさんはどうしていますか?繊細なレースがあしらわれ、ワイヤーやパットが入っているブラジャーはとてもデリケート。さらに大きいサイズとなると、浅い引き出しでは開け閉めした時に引っかかってしまうこともあり、さらに傷んでしまう…と悩みどころは満載です。

ブラジャーはお値段も安い物ではないし、気に入った色柄をそろえているぶん、なるべく長く使いたいですよね。大切に長持ちさせるためには、洗濯時のケアはもちろん、実は正しい収納方法にもコツがあります。

 

スポンサードリンク

【収納、どうすればいい?】

あなたのブラジャーは、きちんと収納されていますか?デリケートなブラジャーの収納を見直して、お気に入りのブラジャーを長く使えるようにしましょう。さて、その方法ですが、まずは収納するときのたたみ方。大きいサイズのブラジャーは、形を支えるために厚手のパッドが入っていたり、しっかりしたワイヤーが内蔵されていたりするタイプが多くあります。

こうしたタイプは、真ん中で二つ折りにしてしまうとパッドの位置がずれたり、ワイヤーが歪んだりしてしまいます。せっかく大切にしまっているのだから、こうしたダメージは避けたいですよね。コンパクトに収納したいのはやまやまですが、長持ちさせるためには仕方ないところです。

そしてほかのブラジャーやレースへの引っ掛かりを防ぐために後ろのホックは留め、肩ひもはカップの内側にしまいましょう。そうしてたたんだブラジャーは、引き出し式やふた式の収納ケースに、手前から奥へ並べるように重ねて収納します。

このしまい方なら、ブラジャーにダメージが出ないのでおすすめです。ただ、しまう際にきつきつぎゅうぎゅうに入れてしまうのはご法度。ゆがみやスレの原因になってしまいます。引き抜くときに抵抗なくするっと取り出せるくらいの密度で、ふんわりと重ねていくのがポイントです。色柄がわかるようにきれいに並べると、取り出しやすいだけでなく選びやすいので、毎日の着替え時間が楽しくなります。また、吊るして収納するのは好ましくありません。

大きいサイズのブラジャーは重さもあり、ハンガーに吊るすと、カップの重さで肩ひもに負担がかかってしまいます。普段から大きな胸を支えている肩ひもは、1日着用している間にかなりの負荷がかかっています。きれいに肩ひもを折り込んで収納し、着用していない時には休ませてあげましょう。

 

【大きいサイズのバストは大変!】

それにしても、大きいサイズのブラジャーをしている女性は、悩みも尽きませんよね。そもそも大きいサイズはブランドの中でもサイズ展開が少なく、「このブランドのこの色が素敵だけれど、私のサイズは商品が発売されていない…」ということもしばしばです。いろいろなデザインが欲しくても、ラインナップ自体が少なく、買い物の際にも探すのは一苦労。枚数が欲しい場合は同じデザインを色違いで買ったり、時には全く同じ物を2枚揃えたりしている女性もいます。

サイズが合ったとしても、ベージュやグレーなど色が地味なものも多く、とにかく好みのデザインを見つけるのが大変です。さらに、かわいいサイズに比べてお値段も高くなりがちなので、お財布事情もつらくなってしまいます。

そして、何より収納には十分なスペースが必要になります。しっかり支える素材のブラジャーは厚みがありますし、4分の3カップやフルカップを好む女性だと、持っているブラジャーのカップ部分が時に手のひらほどの大きさになることも!大抵の女性は複数枚、多い人は10枚以上持っているので、ただでさえかさばるブラジャーはますますかさばる一方です。

 

【収納のコツはゆったりにあり】

そこで、収納にはコツが必要です。スペースはなるべく節約したいところですが、ここはブラジャーのためにも十分なスペースを確保しましょう。

収納には、深さが十分ある引き出しやフタつきのケースが最適です。浅すぎると、引き出しを開け閉めしたときに上部が引っかかって歪みや折れの原因になってしまいます。ブラジャーを立てたときでも上部に少し余裕ができるくらいの深さがあるものが好ましいです。お持ちのブラジャーにピッタリの収納を見つけましょう。

スポンサードリンク

 

【まずは収納スペースの見直しを】

いかがでしょうか?大きいサイズのブラジャーの収納のコツは、ホックをきちんと留め、肩ひもを内側にしまい、たたみすぎないこと。そしてスペースには余裕を持って深さのあるケースを使い、詰めすぎないことです。

ブラジャーはただでさえレースや生地がデリケート。さらに大きいサイズとなると、豊かなお胸を支えるブラジャーへの負担は少なくありません。

収納方法を見直して正しくしまうことが長く愛用するコツです。今、お持ちのブラジャーはどのように収納されていますか?しまい方を見直してみるところから始めましょう。

 




おすすめ記事

no image 1

30代にもなると、だんだんと自分の体型の変化に悩みだす女性も少なくありません。その変化はバストにも顕著にあらわれ始めます。 ですから30代の女性にとってブラジャーは、とても重要なアイテムです。そしてこ ...

no image 2

痩せ型体型の悩み、それはバストのサイズですよね。 全体的に痩せているので寄せて上げる脂肪もなく、ブラジャーはスカスカ…という悲しい現実。 わたしも上半身痩せ型Aカップの20代ですが、バストアップするべ ...

-ブラジャー

Copyright© ブラ選び研究所 , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.