あなたに合うブラジャー選び

ブラ選び研究所

ブラジャー

ブラジャーの生地の種類はどんなのがある?生地による違いとは?

投稿日:




ブラジャーの色や形は気にしていても、生地まで意識したことがありますか。

ブラジャーといってもさまざまな生地が使われていて、生地の種類によってそれぞれ特徴があります。生地の特徴を知って自分にあったものを選びましょう。

スポンサードリンク

ブラジャーで使われる生地の種類はこれだけある!

ブラジャーに使われている生地といっても、綿、絹、ポリエステル、ナイロン、ポリウレタンなどさまざまなものがあります。
普段着る服もそうですが、生地が違えば通気性や肌触りなどに違いが生まれます。

ブラジャーは直接肌に触れるものです。肌に触れるものだからこそ、生地の違いを実感することでしょう。
では、それぞれどのような特徴があるのでしょうか。

・綿
綿の木からとれるコットンボールを種と繊維に分けて、紡績・製糸されたものです。
綿素材は保温性と吸湿性に優れ、肌触りが柔らかという特徴があります。水分を吸い取り、放湿の際に気化熱を奪うので涼しく感じます。静電気はおきにくく、アイロンにも耐える丈夫さがあります。しかし、洗濯をするとシワがよったり、生地が縮んでしまいます。

・絹
絹は蚕が繭を作り出すために吐く繭糸からできています。
絹の特徴はその光沢です。美しい光沢を放ち、上品さがあります。
しかし、デリケートな素材で摩擦に弱く、水分を含んだ状態で摩擦が生じると毛羽立ちを起こします。紫外線に当たると黄色く変色をすることもあります。

・ポリエステル
ポリエステルは石油を原料とする合成繊維です。合成繊維の中では世界的に最も多い繊維素材となっています。
極めて強い耐薬品性と強度があり、寸法安定性に優れ、シワになりにくく、乾きやすい特徴があります。しかし、静電気がおきやすいです。

・ナイロン
ナイロンは合成繊維の一種です。合成繊維の中では最も早く工業化されました。
特徴は、軽く、弾力性に優れてシワになりにくく、ほとんど水を吸わないので乾きやすいことです。ほとんど水を吸わないということは、汗を吸いにくいということでもあります。静電気がおこりやすいです。

・ポリウレタン
ポリウレタンは合成繊維の一種です。
ゴムのように伸び縮みする弾力性のある繊維でストレッチ素材とも呼ばれ、スポーツウエア、下着、靴下など幅広い用途に使われています。
温度や湿度の急激な変化にあっても素材の性能は安定しているのですが、塩素、紫外線、汗、ガスによって劣化しやすいです。

他にもアクリル、レーヨン、キュプラといった生地がありますが、ブラジャーに一般的に使用されているものは綿、絹、ポリエステル、ナイロン、ポリウレタンなどです。

選ぶときのポイント

肌に直接触れるものなので着心地が大切です。長時間肌触りが悪いものを身に着けていると、気になって仕方がなく気持ち悪いはずです。

快適に過ごせるように肌触りにこだわってみましょう。
肌が弱い方は合成繊維でかゆみが生じることがあります。肌が弱い方は綿や絹など天然素材を選ぶとよいかもしれません。
実際に手にしてみないと生地の状態はわからないので、お店で実際に手に持って確認することがおすすめです。

試着ができるようなら試着をしてみてください。お店ではブラジャーのサイズを測定してもらえるので、生地の確認とともにブラジャーのサイズを測定してもらうのもよいでしょう。

おすすめは?

肌触りがよいものを求めるなら綿がおすすめです。綿は柔らかく肌触りがよい特徴があります。肌が敏感な方は合成繊維でかゆみが生じることがあるので、綿100%のブラジャーがおすすめです。
また、リラックスタイムにも綿100%のブラジャーがよいでしょう。

寝ている間はブラジャーをしないという方もいるようですが、寝ている間は胸が横に流れてしまい、このような状態が続くと胸を支えるクーパー靭帯が切れて胸の下垂につながります。胸の形をきれいに保つためには、寝ている間でもブラジャーを身に着けることが大切です。リラックスして眠るためには、肌触りがよい綿がよいでしょう。

スポーツタイプのブラジャーだとポリエステルやナイロンなどの合成繊維が使われていることが多いです。スポーツタイプのブラジャーは速乾性が高いものが登場していて、汗を大量にかくスポーツを行う時に適しています。
お手入れのしやすさを考えるなら合成繊維がおすすめです。ポリエステルなどは洗濯をしてもシワになりにくく縮みにくい毛羽立ちにくい特徴があります。毎日のお手入れを楽にしたいときにむいています。

まとめ

ブラジャーの生地といってもいろいろな種類があります。生地の種類によって保温性、吸湿性、見た目、手触り、強度などさまざまな違いがあります。

ブラジャーは肌に直接触れるものなので、生地の違いを実感することでしょう。直接肌に触れるものだからこそ、生地の選び方には気をつけたいものです。生地の種類による違いを知って、自分にあったぶらじゃーをみつけてみてください。




おすすめ記事

no image 1

30代にもなると、だんだんと自分の体型の変化に悩みだす女性も少なくありません。その変化はバストにも顕著にあらわれ始めます。 ですから30代の女性にとってブラジャーは、とても重要なアイテムです。そしてこ ...

no image 2

痩せ型体型の悩み、それはバストのサイズですよね。 全体的に痩せているので寄せて上げる脂肪もなく、ブラジャーはスカスカ…という悲しい現実。 わたしも上半身痩せ型Aカップの20代ですが、バストアップするべ ...

-ブラジャー

Copyright© ブラ選び研究所 , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.